MOEDAN

※垂れ流してる萌えは妄想によるフィクションです。

君は可愛い子猫

※ニッツ君が消えた後の話

リヤン☞ニヒル☞☜ニッツ

 

リヤンが悪い男…^p^

漂わなくてもHOMO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ニヒルは、猫みたいだね」

 

小窓に映る雨雫を眺めて、ぼんやりとリヤンは呟いた。

ねこ、とは何だろうか?

この世界に生まれてから、色々と学ぶべきことが多い。

きっとその“ねこ”はまだ教わっていない何かなのだろう。

 

「なぁ、それどういう意味だ?」

「ヴェーシから教えてもらったんだ、猫って生き物の名前らしい」

 

生き物。

俺たち以外にも生が存在するみたいだった。

ヴェーシは何でも知っていて、たまにやって来ては外の世界のことなど教えてくれる。

 

「それと俺の関係性は…?」

「猫ってのは、お前みたいに少しつり目で瞳が大きく、気紛れで愛想を振りまいて、我儘な気分屋のお姫様みたいなんだってさ」

「…喧嘩売ってるのか?」

「まさか」

 

にやっと笑ったがジョークのつもりだとすぐに理解した。

こいつは何時もそう…ふんわりとした目線で何を捉えているのか、何を考えているのか丸で掴めない“雲”と言う物体の様だ。

一緒にいると、俺の気持ちが何処か可笑しくなり調子が狂う。

 

「ニヒルってさ、」

 

言いかけて、言葉が止まった。

そのまま時も止まったかと錯覚するくらいだった。

窓に映る雨だけは変わらずで、不思議な時が満ちる。

 

「――――先にオレが消えたら、泣くの?」

 

俺たちは全てを理解した瞬間、消えてしまう種族らしい。

ついこの間、ニッツがきらきらと輝いて泡になってしまったのだ。

ニッツが消える時、俺の腕の中でずっと感謝の気持ちを彼なりに伝えていた。

最後の最後まで、大好きだよ、と泣きながら笑っていたのだ。

 

俺はニッツとずっと、くだらない話で笑っていられるんだろうな…なんて約束もしてないのに思っていて、あの時が忘れられないままずっと抜け殻の様に過ごしていた。

何で、俺たちには永遠が無いんだろう。

すぐ消えてしまう、雨粒のように弾けて無くなるような生き物なのか。

 

「俺は、あの時…泣いていたのか、もう、思い出したくないな」

「…意外と泣き虫だったんだな」

 

また、冗談なんだろう。

いつか消える。

リヤンだけじゃなく、俺自身も消える日が来るのだろう。

感情が、やがて鮮明に、名前まではっきりと理解する日には―――

 

「消える前に言っておくが、俺はお前のことがキライだ」

「ははっ、そうか!さすが猫ちゃんだな」

 

目元から何かじわりと潤うもので溢れていた。

リヤンはそっと手を差し伸べて、俺の目元を優しく触れてまた冗談を言った。

 

 

 

「オレは、ニヒルに愛を感じているよ、」

 

 

 

 

 

 

You are a cute kitten

‐泣き顔すら愛しい‐

 

f:id:harucu_te:20200808221935j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

(ニッツ君ごめんな…)

(リヤンは隙あらばニヒを奪いたい)

 

 

 




privacy policy
© 2020 moedan.net