MOEDAN

※垂れ流してる萌えは妄想によるフィクションです。

special number

※現パロ

ニッツ☞☞☜ニヒル☞☜ノル

相変わらずHOMOです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「………ごめん、もう、終わりにしたい」

 

いつもの夜のドライブ。

時刻は0時をまもなく迎える頃。

ポツリと僕の恋人の様な存在は呟いた。

恋人と言っても、ただのセフレだ。

ただ勝手に、僕が恋人の様な感覚で接していただけだった。

 

「…うん」

「もう会えないよ、ごめんな」

 

本当に悪そうにニヒルは一言、言い放った。

その霞む様に消えて無くなりそうな声は、今の彼そのままを現していた。

 

僕はこのままずるずると関係が続くはずがないと、どこかで何となく感じていた。

でも、それが今この瞬間とは思いもしなった。

いつか悲しそうに僕を見つめて、そのまま抱きしめた夜に、関係は始まった。

恋人でもなく、友達でもなく、親密にもなれない。

ふんわりとしたこの関係性が、どこか居心地良く感じてしまったのだろう。

 

夜更けの静けさに、車のエンジン音だけが響いていた。

街灯の明るさが等間隔で照らす。

いつもに増して静けさが胸に響いた。

 

あの交差点を左に曲がれば、この関係は終わる。

 

「………俺の家は左だよ、」

 

僕は無言のままハンドルを右に切っていた。

どこかでずっと、このままで居られると信じていたのかもしれない。

時刻は0時を回っていた。

ヒルは無言に耐え切れなかったのか、ラジオの電源に手を伸ばしていた。

 

ラジオからはスペシャルナンバーが流れ、初めてニヒルの肌に触れた瞬間を思い出した。

そういえばあの時も、同じ曲が流れていて、今はこの曲がどこか皮肉めいて聴こえてしまう。

 

―――いっそ粉々にして、全てゼロにしたい。

 

どうして僕は弱っていたニヒルを抱いたのだろう。

あのまま、家に帰すべきだった。

運命と言うのは残酷すぎて、今の僕にはあまりにも辛すぎた。

きっと笑われてしまうだろう。

僕は、最大の過ちを犯したのだ。

 

 

 

せめてどこか遠く、連れ去ってしまいたい。

 

 

 

 

 

 

Special number.

‐君を愛してしまった‐

 

 

f:id:harucu_te:20200530173402j:plain



 

 BGM:

Sound Scheduleスペシャルナンバー』 

 

 

 

 

 

 

☟あまりにも報われないからオマケ

f:id:harucu_te:20200530135120j:plain

 

 

f:id:harucu_te:20200530142803j:plain

 

ニッツ君のことは好きなんです。

ただ報われない設定が美味しすぎるのです…。

 

 

 


privacy policy
© 2020 moedan.net